アパレル営業 人間関係

MENU

アパレル営業マンとお酒の席、宴会

どうでもいい話ですが・・・^^;

 

会社帰りにちょっと一杯どう?居酒屋はサラリーマンの第2の仕事場のように仕事話でわんさかである。

 

昔と比べて、会社帰りの1杯というのは少なくなったとみんな言います。

 

会社帰りに居酒屋で仕事の愚痴を言うのが、サラリーマンの風物詩であった。

 

上司の悪口、会社の悪口、昔の武勇伝、そこにいない同僚や先輩・後輩の悪口を言う、これにより人はストレス発散できるのだ。

 

僕もこれに関して一切否定する気はないです(笑 不満があって当たり前ですからね。いつも我慢してるのですから。

 

しかし、説教部屋のような飲みの席は最悪である。

 

以前、僕のいた会社では会社役員が電話で社員を呼び出し、酒を飲みながら説教をした。『今日は○○が餌食だな。かわいそうに、さそわれないうちに帰らなきゃ』こんな会話があちこちでされた。

 

酒の席でこれからこうするあーすると言っても翌日には記憶がないのだから、朝方までつき合わされるのは、たまらなかった。

 

今は、どこの会社も、上司に付き合って飲みにいくというのは減っている。上司も懐がさみしいですし・・・

関連ページ

いい上司と悪い上司
アパレルの世界にももちろんいい上司と悪い上司はいます。今の日本の会社では上司の存在で仕事の人生が大きく変わるといっても過言ではない。
社内営業は肝心
アパレル営業マンは社外だけでなく社内営業が肝心なのである。これを怠ると社外の営業活動に支障をきたします。
物流部との摩擦
アパレル営業を円滑に回すには物流部との関係をよくしないとだめです。なかなか物流の人は営業の苦労をわかってくれないです。
アパレル営業マンで出世する人
アパレル営業マンで出世する人はどんな人なのでしょうか。決して仕儀との出来だけではないのはどこの世界でもおなじでしょうか。
昔はこうだった
世の中でよく聞く言葉が「昔はこうだった」があります。昔の武勇伝に酔っている人はそこで止まっている。