アパレル営業 物流部

MENU

アパレルによくある営業マンと物流部との摩擦

アパレルの会社には営業のセクションと物流のセクションにわかれているところと営業職でありながら物流業務いわゆる出荷業務も兼ねているところがあります。

 

営業と物流の間には、必ず摩擦があります。

 

営業マンが得意先で、自分の会社の物流部に電話して、携帯電話片手にお願いを連発してる様子はいやというほど見ます。

 

得意先は、営業マンに対して、ガンガン無理を言ってきます。今日すぐに出荷してくれだとか、値札をやっぱり付け替えてほしいとか、その度に営業マンは物流部に お願いしなければならない。

 

物流部も暇な時期ならいいけど、繁忙期になるとイレギュラーなことが非常に困ります。

 

物流の担当者からすると、営業マンは得意先の言いなりになってるだけと思ってもしかたないのです。

 

営業マンとしても、それはわかっているのですが、なんとかしたいと思います。実際にそういう対応が今後に確実に影響することを知っているからです。

 

物流と営業、お互いの状況がわかっているようでお互いわかっていないのが摩擦の原因です。

関連ページ

いい上司と悪い上司
アパレルの世界にももちろんいい上司と悪い上司はいます。今の日本の会社では上司の存在で仕事の人生が大きく変わるといっても過言ではない。
社内営業は肝心
アパレル営業マンは社外だけでなく社内営業が肝心なのである。これを怠ると社外の営業活動に支障をきたします。
アパレル営業マンで出世する人
アパレル営業マンで出世する人はどんな人なのでしょうか。決して仕儀との出来だけではないのはどこの世界でもおなじでしょうか。
お酒の席 アパレル営業マン
アパレル営業の世界でのお酒の席の一例です。お酒の席だけででてくる発言の信用性は・・・
昔はこうだった
世の中でよく聞く言葉が「昔はこうだった」があります。昔の武勇伝に酔っている人はそこで止まっている。