アパレル営業 人間関係

MENU

アパレル営業の人間関係

アパレルの営業の人間関係はごく普通の人間関係です。

アパレル営業マンの人間関係記事一覧

どこの会社でもいい上司、悪い上司っていますね。いい上司、悪い上司という言い方はダメですね。上司のいいところ、悪いところですね。一営業マンの直属の上司となれば、その人は中間管理職の場合が多いです。その上に、部長であったり役員がいたりします数字がよくない場合、直属を飛び越えて怒られることが多々あります。そのときに、直属の上司がどっち側にいるのかでいい上司か悪い上司かとよく言われます。部下の数字の悪さを...

アパレル営業マンは、社内でも営業マンである必要があります。アパレル営業マンは、社外で営業をいくら頑張っても社内で嫌われ者であったら 物事をスムーズに運べません。例えば生産から卸売りまでしている会社のアパレル営業マン。いくら得意先に対して営業力が高くても、営業マンは一人ではなにもできません。いろいろな部署の人が色々な役割を果たして、はじめてお金に変わっていきます。私も、自分でも思うのですが社内営業が...

アパレルの会社には営業のセクションと物流のセクションにわかれているところと営業職でありながら物流業務いわゆる出荷業務も兼ねているところがあります。営業と物流の間には、必ず摩擦があります。営業マンが得意先で、自分の会社の物流部に電話して、携帯電話片手にお願いを連発してる様子はいやというほど見ます。得意先は、営業マンに対して、ガンガン無理を言ってきます。今日すぐに出荷してくれだとか、値札をやっぱり付け...

出世する人は、出世しない人とどこが違うのか?それぞれの企業によりこれは違います。実力主義、能力主義と最近はどこの会社でも言われていますが、中身はそうじゃないところが多いです。結果を残しても収入は、結果を出していない人とさほど差はないところも多く、また出世も別の要因が作用することも多い。会社でお金を少しでも稼ぎたいのならやはり出世が不可欠となります。出世するには、ある程度の大きな実績と会社に対する忠...

どうでもいい話ですが・・・^^;会社帰りにちょっと一杯どう?居酒屋はサラリーマンの第2の仕事場のように仕事話でわんさかである。昔と比べて、会社帰りの1杯というのは少なくなったとみんな言います。会社帰りに居酒屋で仕事の愚痴を言うのが、サラリーマンの風物詩であった。上司の悪口、会社の悪口、昔の武勇伝、そこにいない同僚や先輩・後輩の悪口を言う、これにより人はストレス発散できるのだ。僕もこれに関して一切否...

昭和40年代から最近まで営業一本きた元上司に話を聞きました。とにかく高度成長期であり、日本がどんどん豊かになっていき衣料品の売れもどんどんよくなってきた。量販店は、どんどん店舗増やして、取引をしていたら自然に昨年に売上を上回る。多くのアパレルが、ドンブリ勘定のイケイケ生産とイケイケ営業が多かった。新規の得意先も年々増えて、営業が楽しくて仕方ない日々であった。接待もゴルフも当たり前であった。酒を飲ま...