消えたアパレル営業マン

MENU

アパレル営業マンも辛いことがあります

消えたアパレル営業マンといっても殺人事件でも行方不明でもない。その会社からいなくなったってことや担当が急に外れることがあります。

 

それは、営業マンとしては辛いことですが、得意先に出入り禁止になったり、急に担当が外れることです。

 

今回の意味は、営業成績が悪いことやライバル社の営業マンに負けているという理由でなく、得意先(売り先)のほうから営業担当をかえて欲しいと言われることです。

 

これは、ある意味悲惨であるし犠牲者のような感じです。

 

人間同士のことなので、相性が合うとか合わないというのは絶対にあります。前担当者とすごく仲良かった仕入れ担当者が後任の営業マンとは気が合わないから 商談がうまくいかないというケースはよくある。たいていの場合は時間が経てば解決に向かうのですが、癖のある仕入れ担当者ならそうもいかない。

 

そして、その営業担当者の上司や幹部に担当をかえないと取引が云々と伝えます。すると担当をかえる会社があります。

 

僕もそういう営業マンを何人も見てきました。その営業マンの持っている力不足の部分が大きいのですが、決してそうじゃない人もいます。

 

不条理なことがあるのはアパレルだけでなくどの業界でも同じです。

 

働くことは辛いのですね〜^^;

消えたアパレル営業マンのその後

担当を外された営業マンは、会社ではかなりのマイナスポイントとなります。別の得意先を担当したりや違う営業部に配属される場合はいいですが、いきなり物流部だったり 責任のない仕事をさせられたりすることがあります。辞めていく人も見ました。

 

悲しいですが、得意先は会社にとって大切ですから、そこから営業マン自身にクレームが入ると会社は非情な処置をすることがあります。

 

これは、アパレルに限らず全ての業種に共通するものです。

 

得意先の一言が、営業マンの人生や営業マンの家族の生活を大きく変えている場合があります。

 

もちろん得意先のほうは、それを知る由もありませんが・・・

関連ページ

できるアパレル営業マン
アパレル営業の中でも当然できるできないと評価されてしまいます。営業の結果は数字であります。
できないアパレル営業マン
アパレル営業にも残念ながらでききないアパレル営業マンはいるのです。
接待
アパレル営業の一部を例にとっています。接待は営業にはつきものです。ただ公はよくないです。
パソコンの使用はl基本
アパレル営業マンに限らす今の時代パソコンを使えない営業マンはさすがに苦しい。