アパレル営業の収入

MENU

アパレル営業の収入的なものは

今の収入に不満ならリスクはありますが転職は一番大きな選択肢です。私は、転職で大幅ではないですが年収は増えました。
働きながら次の転職先を探すのが今の転職の仕方です。
アパレルへの転職は、
アパレル経験を活かせる求人多数!【クリーデンス】

 

 

 

さて気になるアパレル営業マンの収入はどうなのか?つまり給料です。

 

私も勘違いしていた部分があります。

 

決してアパレル業の収入が少ないということでないと先に言っておきます。

 

アパレル営業マンの収入はどんなものなのか?つまり給料は、世間一般と比較したらどうなのか?

 

一般的に他業種に比べて給料は少し低いと思います。

 

世間的に糸偏の業種は安いと言われてますね。アパレルは線維になります。

 

私自身も、かなり頭を悩ませた時期がありました。

 

営業成績も悪くない、休日出勤も多数あり、お盆や年末年始の休日もいつも友人より少ない。

 

でも、収入も少ない。

 

大学を卒業して、アパレル会社に就職した。初任給は他の業種と変わらない気がした。

 

しかし、月日と年数を重ねていくといやでも差を感じることになります。

 

こんな会話を友人と交わす

 

友人A『おれの会社も、最近よくなくてボーナス2ヶ月出ないかも(泣 』

 

友人B『なに言ってんだよ、うちなんか1ヶ月分やで。どうすりゃいいの(泣 』

 

僕はとてもじゃないが、ボーナスが0.3ケ月分なんて恥ずかしくて言えなかった。『俺は、まだわからないけど期待できないね』くらいしか言えない。

 

ほんとのこと言って、ゲーって顔されるのも辛いし、なんか一番仕事忙しいのにみたいな感じもあるし・・・

 

ボーナスが違う、休日の数が違う、労働時間が違う。

 

人と比べて仕方ないのですが、人よりたくさん働いて人より少ない収入というジレンマに悩まされました。

 

特に営業成績が上げてるときは、その思いが強くなってきた。

 

しかし社会人になり結婚もするとだんだん友人と話す機会も減り、同業種の仲間が増える。

 

すると同じような境遇の人と接することがおおくなり、悪い条件に自然と慣れてきます。

 

アパレルの社会で多い少ないの話に変わっていき、やがて落ち着きます。

 

それでもやはり収入は少ない世界なので、時には落ち込む波がやってきます。

 

先輩にこういう人がいました。『この仕事は給料が安いけど、アパレルが好きだからやっている。うちは、嫁さんが看護師だからよく稼いでくれてるんだよ。そうじゃなかったらこんな給料でやってられないよ』

 

意外とアパレルに長くいる人は、お金持ちやお金に困っていない人が多かったりします。

 

しかしここから本題であります。

 

安いと思っていた自分の年収は、実は後々になってわかってきたのだが友人と比べても
そんなに変わるものではなかったのです。

 

私もアパレルの中で転職経験があります。

 

はじめの会社は確かに低かったかもしれないが、転職先では収入が増えました。

 

おそらく同じ規模に勤める異業種の友人とあまり変わらないし、むしろ自分の方が上な場合もよくあった。

 

つまりアパレルの中で収入の開きがあったのです。

 

重要なのはアパレルのすべてが年収が少ないかと言えば、それは大きな間違いです。

 

利益を出している会社、完全能力主義の会社などでは、若くして年収1000万をもらっている人もいます。

 

私がいた会社の営業部長も1000万あった時期がありました。

 

大手ではないですよ、中小です。

 

大切なのは自分が力を発揮することと、就職する会社選びである。

 

さらに言うならば、給料が安いから仕事もそれなりにかしないと言うのなら一日も早く転職することをすすめます。

 

一人前の大人が、自己責任で就職しているのだから。

 

仕事で大事なのはお金だけでなくほかにも色々あります。

 

職場環境ややりがいなど。

 

転職を考えている人は、じっくり早く行動することをおすすめします。

 

アパレル関の転職ならアパレルに特化した転職サイトで会社を探すほうが、
いろんな面で有利にはたらきスムーズにいきやすいのです。

 

アパレル業の就職や転職で収入の高い会社をコーディネーターに探してもらうには、
こちらのページを参考にしてください。

 

不況になり、格差社会になり平均になった?

不況になると平均っぽくなった

 

世間が不景気になると、他の業種、特に中小企業ではボーナスカットや給与減額などしてアパレルもアパレル以外も同じような感じになってきます。

 

そうなると、たいして悪くないのだ。現在も格差社会が広がり、中小企業の多くサラリーマンの年収が多くない時代です。

 

今はアパレルだからといって低いってこともなくなりつつあるような気が私はします。

 

実際に自分の年収が少ないと思っていたら、平均年収に近かったりするのだ。

 

平均はわからないが、30歳〜35歳くらいで年収400万〜450万くらいでしょうかね。

 

平社員45歳の人では500万を超えていました。

 

ちなみに中小企業です。

収入が足らないならアルバイトで補うのも一つの手

アパレル営業仕事、アパレル業界に従事していて給与が減ったり、ボーナスカットにより収入が減ったり、 子供にお金がかかるのに昇給がしないという事態になった時に、転職を考えてもいいがなかなか勇気がいることである。

 

そこで、出てくるがアルバイトである。最近の会社では、アルバイトを容認しているところも多いです。

 

正社員として働きながらできるアルバイトも探せばあります。平日の就業時間がきっちり終わるのであれば夜にバイトすることが可能ですし、 仕事が休みのときにアルバイトするのがポピュラーであります。

 

i今だから言いますが、私も、ボーナスが0という時や、お金が必要になった時にはアルバイトをしました。販売のアルバイトもしたし、ビルのワックスを掛けたりする会社にアルバイトに行ったこともあります。

 

本業では、休日出勤しようがしまいが収入は変わりませんが、休日を利用してアルバイトをするとそのお金は純粋にプラスになります。

 

業界が安い、会社がケチだとか思ってジッとしていては、収入は増えません。アルバイトをするというのも一つの手です。

 

アルバイトは、お金を稼ぐことも大切なのですが、実は別の世界を見る、違う業界の人と出会うといったように視野を広げることも大切であり、人生のターニングポイントになることだってあるのです。

関連ページ

売り先はこんな感じ
アパレル営業の売り先ですが、いろいろありますが自分の会社はこんな感じの売り先でした。
アパレルは儲かる職種なの
アパレル営業の一部を例にとっています。あくまでも一例ですが、決して作り話ではなく現実に存在したことです。アパレルは利益が出しにくいかもしれません。
アパレル営業マンは派手なの
アパレルって聞くと派手なイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?それは個人差がありますが、割合的には少し多いかもしれません。
アパレル営業はモテる
アパレル営業は異性にモテるのでしょうか。アパレルだからということもないのですが、オシャレに気を使っている人が多いからモテるかも。
アパレル営業の趣味
アパレル営業マンの趣味について自分が見た感想です。あまり多く趣味を持っているhとはいなかったような気がします。
アパレル営業のボーナス
アパレル営業の一部を例にとっています。あくまでも一例ですが、決して作り話ではなく現実に存在したことです。アパレル業のボーナスについて説明しています。
収入(l給与・ボーナス・年収)についての私見
アパレル営業マンをしている時に収入についてよく考えたと言えば、今は考えていないみたいたがどんな仕事をしていても収入のことは考えます。
アパレル会社・営業のブラック企業について
アパレル営業やアパレル会社の中にも今世の中で度々問題になっているブラック企業が存在していると思いますが、きちっと自分の考えや先のことも考えて行動することが大切です。
アパレルで働いてよかったこと
個人的な意見ですが、アパレル業界に勤務していてよかったなと思ったことはどんなとことか書いています。