アパレル営業利益

MENU

アパレルって儲かる?儲からない

世の中はいつの時代でも儲かるもの儲からないものがあります。業種により利益の出やすいものと利益構造が儲からない仕組みを形成されている

 

では、アパレルという業種は儲かるのか?利益が出ることが多いのか?

 

当然、アパレルの中で利益がたくさん出ているところもあります。しかし、総合的に見ると利益が少ししか出ていないところが多いのではないでしょうか。

 

衣料品は色がありサイズがあり夏用の服あり冬用の服ありといろいろ種に分かれます。つまり、在庫を抱えることが最大のネックとなります。

 

不良在庫を持つことなく推移できれば、アパレルもそこそこの利益が確保できる。売り先のきつい仕入れ価格に対応してさらに在庫を残す悪循環になると トータルでは赤字になることもしばしばです。

 

極端な比較の話になりますが、保険の営業は形のない商品を売る商売です。在庫を抱えることがなくひたすら売上目標(契約目標)を目指します。それと比べるとやはり服を売ることは 利益構造上、儲からない方になてしまうのではないでしょうか。

儲かるアパレル、儲からないアパレル

アパレルの中でも儲かる企業、儲からない企業はあります。

 

これは、様々の条件や規模、相手にしている売り先や仕入先により変わってきます。

 

自社が所有するブランドに人気のものがあったり、他社でまねできない企画力がある会社は売り先に対して主導権が握れるので悪い取引条件になりません。

 

年商50億円の企業より年商1億円の企業のほうが、小回りがきいて儲かるやり方をできたりします。アパレルは結構、ギャンブル的な発想があたり儲けることができます。規模が大きくなるとなかなかギャンブルはできません。

 

逆に自分が仕入れる場合は、年商の大きい会社のほうが有利な場合があります。

 

結局、企業努力や経営戦略によりアパレルでもガンガン利益を出している会社はあります。

 

アパレルイコール儲からないではないのです。

関連ページ

売り先はこんな感じ
アパレル営業の売り先ですが、いろいろありますが自分の会社はこんな感じの売り先でした。
アパレル営業の収入的なものは
アパレル営業のアパレル営業の収入はどんなものなのでしょうか。正直、企業差はあるものの高収入の職種とはいえません。
アパレル営業マンは派手なの
アパレルって聞くと派手なイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?それは個人差がありますが、割合的には少し多いかもしれません。
アパレル営業はモテる
アパレル営業は異性にモテるのでしょうか。アパレルだからということもないのですが、オシャレに気を使っている人が多いからモテるかも。
アパレル営業の趣味
アパレル営業マンの趣味について自分が見た感想です。あまり多く趣味を持っているhとはいなかったような気がします。
アパレル営業のボーナス
アパレル営業の一部を例にとっています。あくまでも一例ですが、決して作り話ではなく現実に存在したことです。アパレル業のボーナスについて説明しています。
収入(l給与・ボーナス・年収)についての私見
アパレル営業マンをしている時に収入についてよく考えたと言えば、今は考えていないみたいたがどんな仕事をしていても収入のことは考えます。
アパレル会社・営業のブラック企業について
アパレル営業やアパレル会社の中にも今世の中で度々問題になっているブラック企業が存在していると思いますが、きちっと自分の考えや先のことも考えて行動することが大切です。
アパレルで働いてよかったこと
個人的な意見ですが、アパレル業界に勤務していてよかったなと思ったことはどんなとことか書いています。