アパレル営業マン就職・転職・離職

MENU

アパレル業界の転職状況

勤めていたアパレルの会社を辞めた人、倒産してしまった人、リストラに合った人などいろいろな理由で会社を離れることになった人がいますね。

 

またアパレルに転職してくる人もいます。

 

アパレル会社を辞めた人も半分以上がまたアパレル関係の仕事に転職しています。

 

なんと言っても経験が生かせるのが強みであり、使っている言葉なんかも慣れているものなので仕事に入りやすいのである。

 

社員を採用する側としても、同業界からの人を優先して採用するのは当たり前である。

 

会社が倒産したりリストラにあって辞めていった人は、他業種に転職している人が多いように思えます。

 

どこの会社だって同じ業界の経験者を優遇したいと思います。

 

即戦力になるなら同じ業界、努力して新しい業界でやっていくもよしです。

 

アパレルに転職するならこちらのページ

アパレル営業マンの同業への転職

アパレル営業マンは、同業他社つまりライバル会社に転職することがあります。

 

それは、超即戦力でありプロ野球選手のFAみたいなもんである。

 

アパレル会社は財務内容のよくないところが多く、結構倒産する会社や危ない会社がある。そこのできる営業マンはライバル社が目をつけます。

 

即戦力になるし、なんといっても得意先ごと持ってくることが多いです。

 

やはり結果は求められますが、結果がおもわしくなくてもクビになったりはしないと思います。引き抜きでも給料の上乗せとかがほとんどないからです。

 

僕も実は、ライバル会社にFAしました。

 

期待されプレッシャーはかなりありますが、結果を出すまではモチベーションが上がります。

 

得意先の人たちも応援してくれて、見事に予想以上の結果を出すことができました。

 

結果を出した充実感はありますが、収入面がなかなか比例しないのがこの業界のヘッドハンティングの特徴かもしれません(笑)

 

今、僕の例でもお話したアパレル同業種のFA的な転職で全く同業のなかの同業である。例えば、メンズのアウターのメーカーから同じくメンズのアウターのメーカーへの転職といった感じである。これは、会社の決まりごとや事務処理やり方には慣れないとダメですが、営業の仕事やアパレルに関する実務や 仕事で使う専門用語などはほぼ同じなのですんなりと入れます。

 

しかし、アパレル間の転職はいろいろあります。メンズのスーツのメーカーからベビー服の会社への転職もアパレルの業界間の転職となる。やはり少しでも近いほうが経験が生かせます。どういうことかといいますと、メンズのスーツの会社人は ベビー服の会社に転職するよりネクタイの会社に転職する方が経験を生かせます。

 

もちろん、メンズからベビー服でも全く異業種に転職するよりは、経験を生かせることが多いのではないでしょうか。

アパレル営業マンがアパレルを離れて転職

アパレルからアパレルへの転職は、異業種に転職するよりスムーズなのは確かであるが、新しい世界に転職することも長い人生を考えると視野に入れてもいいでしょう。

 

利益構造が違うので、業界自体がアパレルより利益が出ていて待遇がいい会社の方が実際に多いであろう。

 

不況になると、倒産やリストラはどんな業界でもあることだから、財務内容が健全な会社をいかに見つけることと、中途で入社するのだからできるだけ自分の能力を発揮したいものだ。

 

経験とは、なにもアパレルの経験だけを意味するのでなく本当の意味で大切な経験は営業スキルのほうではないでしょうか。

 

商品や企画を提案する時、ビジュアル的にプレゼンができたり、マーケティングのリサーチを徹底的にしてそこからヒントを得た提案をしたり、データーを集めるのが得意で データーにもとに資料を武器にできる能力や、人としての魅力を持っており得意先から気に入られたり信頼される人間であるなど、営業に必要なものを生かすには異業種だってきっと同じであると思います。

 

売るというセールス活動は営業マンすべて同じである

アパレルに転職する人が使っています

アパレル営業マン,就職,転職,離職アパレル専門求人 クリーデンス

 

・アパレル経験を生かした転職・求人探しならクリーデンス。
・大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介や、
・キャリアアップのご相談・面接対策まで、
・ファッション・人材業界出身のスタッフが、無料であなたの転職支援を行います。

 

アパレル営業マン,就職,転職,離職
アパレル営業マン,就職,転職,離職

 

>>>アパレルへの転職・就職さがしならクリーデンス!詳しくはこちら<<<

 

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

 

アパレル営業マン,就職,転職,離職アパレル限定の求人サイト ファッショーネ

 

・販売職はもちろん、専門職の転職支援も行っております。
・1,000人以上を受け持ったキャリアコンサルタントの、素早く、丁寧な対応。
・win-winの理念の徹底により、無理に転職を勧めることはありません。
・地域ごとに専任のコンサルタントがおり、地域密着型のご提案が可能です。
・アパレル企業との信頼を築けており、豊富な職種と求人があります。また弊社の独占求人も多数あります。

 

アパレル営業マン,就職,転職,離職
アパレル営業マン,就職,転職,離職

 

>>>アパレル専門求人サイトファショーネはこちら<<<

 

関連ページ

アパレルに就職する人
アパレル営業に就職する人はさまざまです。やりがいを求めて転職してください。
アパレル営業マンに向いている人
アパレル営業マンに向いている人は、どんな感じの人なのでしょうか。個人的主観で語ってみました。
アパレル会社ってどんな感じ
アパレル会社と言っても普通の会社なのである。特別なことはありません。
やりがいのあるアパレル会社
アパレル営業に就職・転職するならやはりやりがいのあるアパレル会社がいいでしょう。
営業職以外の仕アパレル会社の仕事
アパレル会社の仕事は営業職以外のほうが人数多いでしょう。
アパレル営業を見切り!他業種に転職
アパレル営業が向いていない人、報酬や待遇で不満があったり今のアパレルの営業の仕事がどうしても嫌な場合はアパレル以外の他業種に転職を考えるのも一つの手です。ただリスクを最小限に抑えるためには、働きながら転職先をみつけることです。