アパレル営業マン就職・転職・会社

MENU

アパレル会社ってどんな感じ

アパレルの会社と言っても実にたくさんの種類に分かれています。私は自分自身はメンズアパレルなので紳士服バカである。

 

メンズアパレルの中でも、ヤングゾーンやミドルエイジやビジネスゾーンなど各種類によって会社や営業マンのスタイルやファッションが違います。

 

スーツ・ジャケット・カッターシャツ・ネクタイなどのビジネス服の会社は、ちょっと堅いイメージであり営業マンのファッションもスーツやジャケットとスラックスが 普通である。近年、ネクタイをしない人が増えているがネクタイのつけている人の割合は他のアパレルより多い。

 

カジュアルメーカーは、ビジネスより明るいファッションと軽いイメージがありまが、取り扱っている商品の年代で随分違います。

 

年代が、30代ターゲットから50代ターゲットまでの服を扱っている会社は、ちょっと堅い印象がありますが、ビジネス服の扱っている会社より 軽く、営業マンのファッションもかなろカジュアルである。

 

さらにヤングゾーンの会社となると、会社もファッションも軽くなる。大きな総合アパレルメーカーなどは、普通であるが、年少の少ないヤングメーカーなどは、 営業マンもジーンズとスニーカーとダウンジャケットのようなラフな格好で許されます。営業マンの世代も比較的若いです。

 

これからアパレルに就職しようと思う人は、自分がどのような社風でどのようなアパレル営業をしたいかということは、取り扱っている商品で大きく変わってくるので 堅実そうなのがいい場合はビジネス系で軽い雰囲気がいいのならヤングということになります。

 

関連ページ

アパレルに就職する人
アパレル営業に就職する人はさまざまです。やりがいを求めて転職してください。
アパレル営業マンの転職する人
アパレル営業の世界に転職する人はどんなおもいでするのでしょうか。
アパレル営業マンに向いている人
アパレル営業マンに向いている人は、どんな感じの人なのでしょうか。個人的主観で語ってみました。
やりがいのあるアパレル会社
アパレル営業に就職・転職するならやはりやりがいのあるアパレル会社がいいでしょう。
営業職以外の仕アパレル会社の仕事
アパレル会社の仕事は営業職以外のほうが人数多いでしょう。
アパレル営業を見切り!他業種に転職
アパレル営業が向いていない人、報酬や待遇で不満があったり今のアパレルの営業の仕事がどうしても嫌な場合はアパレル以外の他業種に転職を考えるのも一つの手です。ただリスクを最小限に抑えるためには、働きながら転職先をみつけることです。