MENU

アパレルからアパレルへの転職は王道

転職するにあたって同じ業種に転職することは、
自分にとっては仕事で使われる言葉・知識・流れなど違和感なく入り込める強みがあります。

 

会社にとっても即戦力または短い研修により使える人材として期待しやすいです。

 

実際に私もアパレル営業からアパレル営業への転職をしました。

 

当然即戦力として雇われ、結果を出すプレッシャーもありましたが、
いつも通りに努力していたらなんとかなります。

 

異業種の場合は、始めの1年くらいはいつも以上の努力が必要となります。

 

そして業者は同じでも会社により仕事は全然違うのでそこらへんは転職の際によく吟味するべきであります。

 

会社の違いについていけずに挫折したり、また逆に自分の能力が発揮できたりするのです。

 

アパレルからアパレルの転職は、スムーズです。

 

余談ですが、アパレルから他の業種に行くと、ファッションの対する意識の無さを痛感するときがあります。。
アパレルの世界がオシャレばかりではないですが、他業種と交流すると割合で考えると
オシャレ度は低くなる。

 

当たり前のことである。

 

 

 

アパレルからアパレルに転職するときはアパレル専門の就職サイトがいい

アパレルへの転職はなぜアパレル専門の転職サイトを利用するのがいいのでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

アパレル会社の求人数が圧倒的に多いので選びやすいのです。

 

そしてサイトを運営しているスタッフもアパレル専門サイトなのでアパレルに関して知識が豊富なことです。

 

アパレル専門のサイトのクリーデンスやファショーネは専門スタッフがインタビューを受けて
転職先を探してくれるシステムなので、アパレルの転職には心強いものになるでしょう。

 

例えば中古車を買う時に、こだわりがなければあまり関係ないのですが
BMWを買うと決めているのならBMW専門店やBMWディーラーで探す方が
数も質も断然有利です。

 

食べ物屋さんでもそうです。いろんな料理をおいて定食屋さんのラーメンよりも
ラーメン専門店のほうが美味しくこだわったラーメンを食べさしてくれるでしょう。

 

このように専門性の高いところで探すことは間違いなく有利に働きます。

 

アパレルへの転職サイトを紹介しているページは、当ホームページではこちらになります。

関連ページ

アパレルに転職するときのおすすめエージェント
アパレル営業マン・アパレル営業ウーマンの転職先を探すには、企業と働きたい人をマッチングしてくれるエージェントを使うと早いです。
アパレル転職 大切なのはやりがい
アパレル営業マン・アパレル営業ウーマンとして働いてみようと思ったらやりがいを求めるのが仕事に夢や幸せを持つ大切な要素です。
アパレルで働く人の声 販売員
アパレルの世界で働いている人の仕事の感想です。ショップの店員をやっています。
アパレルバイヤー仕入れ担当者の転職
アパレル営業マンが売り込む相手の担当者の一つとして仕入担当のバイヤーがいます。バイヤーは、夢とやりがいがある仕事です。
アパレル専門の転職求人サイト グリーデンス
アパレル営業やアパレル関係の転職をするときに利用したいのはアパレルの専門の転職サイトです。専門だからアパレルの求人数も圧倒的に多く、コーディネーターも経験豊富で心強いです。
アパレル・ファッション転職サイトのファッショーネ
アパレルの営業・企画・販売・バイヤー・物流などアパレルに関係のある職種の転職スペシャリストのファッショーネはおすすめです。
アパレル業界のアルバイトやパート
アパレル業界にもアルバイトやパート労働者はたくさんいます。アパレルでアルバイトしていた人が後にアパレルの会社に就職するなんてよくある話です。
アパレル未経験の転職や求人
アパレル営業やアパレル業界未経験の人がアパレルに転職することは、リスクはそれほど大きなものではありません。。
アパレル派遣切り
アパレルの販売員を派遣で働くことも多いのは事実ですが、3カ月くらいで契約を切られることはあるのでしょうか?
アパレルからアパレルへの転職
アパレルで働いている人がアパレルに転職することは多いです。それは扱っている物が同じ種のものというのは大きなアドバンテージになるからです。その一方甘くない部分もあります。
アパレルで働く人の特徴
アパレルで働く人の特徴について説明しています。一般的にはアパレルで働く人はオシャレの人が多いとされています。